沖縄の求人・就職情報をいち早く!! 沖縄を代表する日刊紙【琉球新報】が発信する、沖縄県内・県外就職・求人情報ニュースサイト「ウイークリー1(Weekly 1)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

内定取り消し5人/沖縄労働局 3~5日の3日間

 沖縄労働局は、新型コロナウイルス感染拡大の影響を受け、3日から5日までの3日間で、県内新卒者の内定取り消しを2社5人確認した。入社繰り下げは0件だった。企業の特定につながるとして、業種は説明しなかった。

 件数はハローワークを通して労働局が把握しており、実数はより多い可能性がある。

 一方、県内大学では不動産業の営業職で1社2人の内定取り消しを確認した。企業から「コロナの影響で業績が良くない」と、学生2人に説明があったという。観光関連業1社からは「入社時期を3カ月繰り下げる」と大学に連絡があった。

 りゅうぎん総合研究所の久高豊専務は「コロナ後を見据えて採用活動していた企業も、3度目の緊急事態宣言で影響を受け、企業存続を懸けて採用しない方向に変えたのではないか」と指摘した。

 労働局では昨年3~6月にかけて、内定取り消しを3社5人、入社繰り下げを4社37人確認した。

 業種別では宿泊・飲食サービス業や卸・小売業などの観光関連産業で多かった。

 那覇市おもろまちの那覇新卒応援ハローワークでは、「新卒者内定取消等特別相談窓口」を設置し、平日午前8時半から午後5時15分まで相談を受け付けている。(電話)098(866)8609まで。

2021/03/06 琉球新報朝刊 2ページ 529文字

※本ウェブサイト内に掲載の記事の無断転用は一切禁じます。全ての著作権は琉球新報社または情報提供者にあります。

自分にしかできない仕事が、きっとここにある!

沖縄の求人・就職情報を随時更新中!!今までのスキルが活かせる仕事がしたい。

もっと自分にあった環境で働きたい。そんな願いに応えます!

求人・就職に関する各種セミナー 無料講習会情報

その他