沖縄の求人・就職情報をいち早く!! 沖縄を代表する日刊紙【琉球新報】が発信する、沖縄県内・県外就職・求人情報ニュースサイト「ウイークリー1(Weekly 1)」

このエントリーをはてなブックマークに追加

観光減で就職率も減/県内・来春高卒 全国最低要因を分析

 来春卒業する高校生の就職内定率が10月末時点で前年9月末比1・3ポイント減の26・7%と全国最低だったことを受けて、沖縄労働局(福味恵局長)は10日、新型コロナウイルスの感染拡大で観光需要が低下し、観光関連産業で求人が大幅に減少したことが要因だと分析した。県内6大学からの報告によると、大学生の就職内定率は同1・6ポイント減の49・5%だった。

 このほか、短大生の就職内定率は同7・3ポイント減の26・7%、専修学校生などは同6・3ポイント減の31・6%と、大学生に比べて減少幅が大きかった。

 新規高卒求人は同27・6%減の2475人。産業別では、宿泊・飲食サービス業が同62・3%減、卸・小売業は同40%減と大幅に落ち込んだ。

 就職か進学かで迷う学生が多く、高校生の就職希望者は同16・9%減の1959人だった。福味局長は「高卒は就職希望者数が減っている中で内定率が低下している。厳しい状況だ」と述べた。

 全国の新規高卒内定率は64・2%で、県内との差は37・5ポイントだった。全国と比べて求人提出や学生の就職活動の開始が遅いことが要因で、例年は3月末にかけて就職率が90%台に伸びていくという。

 一方、今年は求人が必ずしも伸びていないといい、労働局はマッチング支援の強化を図る。福味局長は「未内定者の就職支援に力を入れていきたい」と述べ、ハローワーク那覇で新規学卒者の就職活動を支援している窓口「那覇新卒応援ハローワーク」などの利用を呼び掛けた。

2020/12/13 琉球新報朝刊 5ページ 626文字

※本ウェブサイト内に掲載の記事の無断転用は一切禁じます。全ての著作権は琉球新報社または情報提供者にあります。

自分にしかできない仕事が、きっとここにある!

沖縄の求人・就職情報を随時更新中!!今までのスキルが活かせる仕事がしたい。

もっと自分にあった環境で働きたい。そんな願いに応えます!

求人・就職に関する各種セミナー 無料講習会情報

IT技術スキルアップ研修

その他